むずむず脚症候群 薬 サプリ

むずむず脚症候群の症状と原因

夜、布団に入ると脚がむずむずしてよく眠れないという症状にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。こうした状態は、太ももやふくらはぎなどの脚の表面をむずむずと虫が這うような感触があるため「むずむず脚症候群」と名付けられています。

 

脚に不快感が現れる方が多いのですが、脚以外にも、お腹や背中、腕や顔に不快感が現れるケースもみられます。むずむずしても軽く体を動かすと不快感がなくなるのが特徴とされ、夜に症状が強くなることが多いとされています。

 

むずむずする感覚が起きると、じっとしていられないほどの不快感に悩まされるため、睡眠不足になってしまう人も多くみられます。患者さんの割合は男性よりは女性に多いとされており、特に、40歳以上の人や妊婦さんに多くみられるようです。

 

むずむず脚症候群の、はっきりとした原因はまだわかっていないのですが、鉄分が不足することで、ドーパミンがうまく機能しなくなり、発症する可能性があると指摘されています。

 

また、パーキンソン病や糖尿病などの持病がある人のほか、人工透析を受けている人や抗うつ剤を使用している人、甲状腺の機能が低下している場合にも発症しやすいといわれています。


むずむず脚症候群の治療について

むずむず脚症候群の治療には、まずは医療機関を受診することが大切です。

 

皮膚に症状が出ているため、皮膚科の診察を考える方が多いかもしれませんが、神経に関連する状態のため、診療科目として神経内科をあげているクリニックを受診するとよいでしょう。

 

また、睡眠とも関わりがありますので、睡眠に詳しい専門医を受診するのもおすすめです。抗うつ剤を服用している場合には、薬を処方してもらっているクリニックで相談してみるとよいでしょう。

 

また、糖尿病やパーキンソン病、人工透析などを受けている場合には、治療を受けているクリニックで、まずは相談してみることをおすすめします。

 

医療機関を受診する際には、持病の有無や、現在服用している薬などの情報をまとめて医師に伝えることで、背景を的確に把握することができます。

 

むずむず脚症候群と診断された場合、生活習慣の改善についてアドバイスを受けるとともに、薬が処方されることもあります。

 

生活習慣の面でむずむず脚症候群を治す方法はコレ!と言われているのがタバコやカフェイン、アルコールを控えることです。また、軽い運動を習慣にするのも効果があるようです。薬としては、鉄のサプリメントのほか、「ニュー プロパッチ」という貼り薬が処方されることもあります。